世界初!流れ星をエンタメにする、ALE・岡島社長の計画

人工で流れ星を作り出す。夢物語のように聞こえるこの取り組みに挑むのは、株式会社ALEの岡島礼奈氏だ。科学とエンターテインメントの両立を目指す岡島氏に、人工流れ星事業の現状や今後の可能性についてお聞きした。

宇宙関係者が一度は妄想する『人工流れ星』という夢

薮崎 「人工的に流れ星を作り出す仕組みについて、まずはお教えください。」

株式会社ALE を2011年9月に創設・CEO に就任。就任以前はゴールドマンサックス社にて債券投資及び未公開株を取り扱い、その後、モバイルゲーム・コンサルタント業にて1 社ずつベンチャー企業の立ち上げを経験。モバイルゲームベンチャー企業時代に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のオープンラボのメンバーに選出される。東京大学にて宇宙工学の博士号取得。

株式会社ALE を2011年9月に創設、CEO に就任。就任以前はゴールドマンサックス社にて債券投資及び未公開株を取り扱い、その後、モバイルゲーム・コンサルタント業にて1 社ずつベンチャー企業の立ち上げを経験。モバイルゲームベンチャー企業時代に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のオープンラボのメンバーに選出される。東京大学理学部天文学科卒/同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号取得。

岡島 「人工衛星を使って、特殊な素材の流星源を衛星軌道上から所定の方向に放出します。するとその流星源が大気圏に突入する際に燃えて光を放つので、地上からは流れ星として見えるのです。2018年度中に人工衛星初号機を打ち上げ、2019年には広島での人工流れ星を使ったイベント実施を目指しています。」

薮崎 「実現への難易度はどれくらいなのでしょうか。」

岡島 「実は、アイデア自体は全然珍しくないのです。いきなり『人工流れ星』と聞くと、突拍子もないことに挑戦していると思われるのですが、天文学や宇宙科学をやっている方だったら『あ、それ考えたことある!』とおっしゃるのではないでしょうか。私は、大学2、3年生の時に、しし座流星群を同級生と見て『作れるんじゃないか』という話をしたことがきっかけでした。」

   また一度会社を作ったことがあるというのも大きいのではないでしょうか。マネタイズする方法が思いつかないし、お金もないからやらなかった、という話は聞きますね。」

異端会議Vol3_img_A

ゴールドマン・サックスから、人工流れ星の研究へ

薮崎 「岡島さんが人工流れ星に取り組み始めたのは2011年からだと思いますが、それまでの経緯をお教えください。」

岡島 「大学から天文学を研究していましたが、一度大学4年生の時に、サイエンスとエンタメを融合させたリヴィールラボラトリという会社をつくりました。その後ドクターまで進んで卒業して、ゴールドマン・サックスの戦略投資部で働き始めました。ホテルやゴルフ場の買収などをやっていた部署なのですが、リーマンショックで規制が入ってしまって、部署縮小になってしまいました。それをきっかけにして起業をしたのです。

   実は、ゴールドマン・サックス時代から、周りには将来人工流れ星に取り組みたいと話していました。私がいた部署は仲が良くて年に1、2回集まるのですが、その時に進捗をアップデートしていたのです。そうしたら上司だった方に出資していただけたりして、今事業を進めることが出来ています。」

薮崎 「ゴールドマン・サックス退職後、いきなりALEを立ち上げたのですか。」

岡島 「いえ、新興国進出のビジネスコンサルティングをやる会社に参加しました。東南アジアやアフリカ、インド、中東、チリなどいろいろでしたが、手足になって地を這うような案件を行っていました。その後の2011年にALEを立ち上げたのですが、研究開発自体は2009年から細々と始めていたのです。
例えば、大学の先生に『一緒にこういうこと出来ないですか』というような話を持って行って相談したり、学生さんの卒業研究にしてもらって、流れ星はどうやったら発生出来るかとか、物質がどのくらい熱くなるか、ちゃんと燃えきるかみたいなことを計算してシミュレーションしていました。」

異端会議Vol3_img_01

※インタビュアー:薮崎 敬祐(やぶさきたかひろ)株式会社エスキュービズム代表取締役社長 2006年にエスキュービズムを創業し、IT、家電、自動車販売など様々な事業を展開。「あったらいいな」ではなく「なければならない」領域に、新しい仕組みを提案している。

人工流れ星実現までのカウントダウンは始まっている

薮崎 「2018年度に初号機打ち上げですが、これまではどのようにして進めていったのでしょうか。」

岡島 「 2009年頃から、首都大学東京の佐原宏典教授に相談をしたり、そこの学生さんも手伝ってもらったりして細々と始めました。大学と一緒に、JAXAの設備を使用した実験を行ったりもしていました。JAXAには、小惑星探査機『はやぶさ』のカプセルが再突入する状況を模擬できる設備があるのです。それで、燃えるかどうかや、どのくらい明るいかというのをカメラで撮影して確認していました。」

薮崎 「JAXAの設備は民間でも使用することが出来るのでしょうか。」

岡島 「 これまでは、ALEと共同研究している大学がJAXAの設備を借りて実験していました。民間が借りられる仕組みもあるので、今後はALEが直接借りて実験を行うことも検討しています。
大学の先生方や政府機関との連携を密に取りながら進めています。全体システムや軌道計算は佐原宏典教授、衛星軌道や流星源は日本大学の阿部新助教授、衛星バス部は東北大学の桒原聡文教授、衛星ミッション部は神奈川工科大学の渡部武夫教授と一緒に取り組んでいます。」

薮崎 「どのように開発を進めているのでしょうか。」

岡島 「技術開発の柱としては、流星源の開発と衛星側の装置(放出装置と供給装置)の開発がメインとなります。

   少し人工衛星についてご説明すると、人工衛星はバス部とミッション部という大きく分けて2つから構成されています。バス部はどんな人工衛星でも持っている姿勢制御とか通信といった、共通システムの部分で、ミッション部というのが、我々だったら流れ星を放出、供給する装置で、例えばミッション部が望遠鏡になると、宇宙望遠鏡になったりするのです。サンダーバード2号をご存知だったらわかりやすいのですが、あれもいつも中身のコンテナを潜水艦など用途によって変えています。それと同じようなイメージです。

   設計・開発は東京のALE本社で行っていますが、東北大学で製造したり、ミッション部についてはALEのラボがあるのでそこで作っています。また、放出装置の組み立てと実験は、和歌山県紀伊の会社で行っています。ALEの社員は20人弱ですが、大学教授の方をご紹介いただいたり、ALEの活動を知ってお声がけいただいたりして、外部の方々も含めると3、40人がこのプロジェクトに関わっています。
打ち上げについては、JAXAのイプシロンロケットを使った『革新的衛星技術実証プログラム』の候補になっているほか、海外の民間ロケットの利用も検討しています。」

薮崎 「一回の衛星で何個くらいの人工流れ星を発生させることが出来るのでしょうか。」

岡島 「今は300〜400粒くらいの流星源(特殊な素材の金属の玉)を衛星に載せることが可能で、1回につき10〜20粒を放出させて人工流れ星を発生させます。
本当は、1000粒くらい載せたいのですが、ガス圧で放出するので粒がふえるとガスの容量もすごく大きくなってしまいます。ガスボンベが一番重くて大きいんですよ。なので、粒自体を1000発詰めても、それにともなうガスの容量が重すぎて、衛星を打ち上げられないのです。バネや火薬などの別の方法で放出できるようになれば、よりたくさんの粒を詰めることが出来るとは思いますが。」

異端会議Vol3_img_04

※左:流星源、右:流星源を放出する装置で外側の溝に流星源をセットする

薮崎 「流星源は思ったよりも小さいのですね」

岡島 「そうですね。天然の流れ星は、ごま粒くらいだったりするのです。しかも見えている時間も0.何秒です。なので、これくらいの大きさの流星源なら数秒は流れ星を発生させることができるのです。

   また、流れ星の色も流星源の素材で変わります。炎色反応のようなイメージです。
いろいろなところに「こういうものを作ってください」と頼んだり、普通に売っている金属を試したり、隕石を削って燃やしてみたり、など試行錯誤を重ねています。2017年時点で、ブルー、グリーン、オレンジの3色までは地上での実験に成功していますが、他の色も出来ないか模索中です。」

薮崎 「宇宙を知らないと人工流れ星は突拍子もなく聞こえますが、少しでも宇宙科学の分野にいる人だったら、ALEさんに興味を持って集まってくるのもわかります。」

岡島 「そうですね。大学教授の方々などは、さらにこれが科学技術の発展や基礎科学の貢献にもなると思い、参加していただけることが多いです。ある意味、基礎実験に近いかもしれません。このビジネスが科学の発展にも貢献できると嬉しいなと考えています。」
〈関連リンク〉
「宇宙ビジネスが発展しないのはマーケティングの問題だ」